税務のプロフェッショナル

よく耳にする「税理士」って、いったいどんな仕事ですか?

税理士という職業は非常にポピュラーですから、誰でも一度くらいは耳にしたことがあるでしょう。
日本には様々な税金があってたとえ意識しなくても日々の生活の中で、税金に関わっています。
税金といっても、その仕組みはとても多様で種類もたくさんあり、非常に複雑です。
もっとも身近なところだと物品を購入した時に課税される消費税、たばこ税、酒税等などがあります。
また個人の所得に対して課税される所得税、会社組織や団体などに課税される法人税などは、年度ごとに締めて申告をして納税することになります。
せっかく働いて稼いだのだから、税金はできるだけ少なく払いたいと思うのは、当然だと思います。
しかし、税制は時に非常に複雑で、専門知識を要するものです。

そこで税務をサポートするのが税理士ですね。
簡単に言うと税務のプロフェッショナルのことで、税理士法に定められた国家資格が必要です。
この資格を持つ人が、日本税理士会連合会に税理士名簿に登録をして、はじめて税理士として税務を行うことができるのです。

仕事内容はいくつかに大きく分けられます。
まずは、税務の代行です。
これは、依頼主の確定申告を代行したり、青色申告の承認申請を行ったりします。
2つ目は税務書類の作成です。
税務署などに提出する書類を、作成します。
3つ目は税務相談です。
申告書の作成や納税額の計算など、税金に関する様々な事の相談を受ける仕事です。
以上が3点が、この資格を持つ人だけが行うことのできる業務です。
しかしこれ以外にも、会計業務や財務書類の作成などの事務作業、あるいは税務訴訟において弁護人とともに出廷して、陳述することができる、補佐人としての業務を行うことができます。

*このサイトは現在準備中です